ローン

サイトマップ

ローンの一本化の注意点

ローンを一本化する最初の一歩は、現在背負っている要返済額を一つ一つ明らかにすることです。ローンの一本化にもさまざまな手続きが必要ですが、すべてを金融機関にゆだねるわけにはいきません。複数のローン会社から借りていても返済が複雑になるだけですので、借入枠がまだ余っている会社を利用して、返せそうな会社のローンは返してとにかく数を減らすところから始めます。ローンを利用している会社の数が減った時点で、ローンの一本化をするわけです。毎月のローン返済額が月給の約20%をこえているようであれば返済に無理がありますので、とりあえずの目安としてそこを目指しましょう。ローンを一本化しようとするあまり、無理のある返済計画を立ててしまい、返済が遅れたり滞納してしまうようでは意味がないからです。一本化のためにローンを組んでいた金融機関に返済をし終えると、その金融機関から新しい融資話や融資広告を受けることもあります。何のためにローンを一本化しようとしているか忘れないようにしましょう。余裕が出てきているからといってそこで新たにお金を借りたりしてはいけません。そこで新たなローンを組んだりすれば、再び返済に追われることになってしまうので注意が必要です。もちろんローンの一本化は、すべての金融機関でやっているわけではありません。ローンの一本化を取り扱っている金融機関であっても、当然ながら審査が待っています。審査の結果によってはお金が借りられず、一本化が頓挫することもありえるのです。とはいえ、ローンを一本化すれば返済に余裕が出るなど有利な点がたくさんありますので、返済に追われているようなら検討してみるといいでしょう。

ローンと金利

ローンも借金ですので、いちばん気になるのはやはり金利がどれだけかということではないでしょうか。住宅ローンやリフォームローンなど、借り入れ金額が大きくなりがちなローンの場合、支払い金利が少し変わるだけでも返済額に大きく跳ね返ってきます。景気があまり良くないとはいっても、身辺の変化から自分の城を持ちたいと考える人がいなくなるわけではありません。住宅を購入する為には、用意する頭金はもちろんのことローンを組む金融機関や金利なども十分に検討しなくてはなりません。ローンを組む際に特に注意すべき点は、ただ金利の数字だけではありません。同じ額の借金であっても、金利の種類によって月々の返済額が大きく異なってくるので、よく調べましょう。金融機関やローン商品ごとに当然金利の数字が異なってきますが、それ以外にも長期固定金利、短期固定金利、変動金利など、種類が存在しています。それぞれの金利ごとに秀でている点や劣っている点がありますので、個々人それぞれに違う事情があることを思えばなかなか難しい決断となります。家を建てる場合の借金は金額も返済期間も規模が大きくなってきますので、悩まずぱっと決めるわけにも行かないところです。高額は借り入れとなるので、融資する銀行に提出する書類も数多くあり、の手続きも複雑になります。ローンを検討する際には、単に金利の多寡を見るだけでは足りません。繰り上げ返済が可能かどうか、担保や保証人はどうかなど、気をつけなければならない点がいくつもあります。また、金利を検討する際には、まずもって返済の計画をきちんとたてることです。返済総額と返済期間、月々のおおまかな返済額などをしっかり把握しましょう。

「ローンのこと」について

ローンのことあれこれ

Copyright © ローンのこと. All rights reserved